FC2ブログ

今月の星空(2019年2月)

こんにちは。
2ヶ月ぶりに登場しました、投映スタッフのおだです。

今月の星空の紹介です。

今月の星空は、「月」が主役です!
見逃せない月のイベントが2つあります。

1つ目は、20日の満月です。
この日の満月は、今年、最も大きく見える満月です。
※スーパームーンと呼ばれることもありますね。

月は、地球の周りを楕円形を描きながら周っています。そのため、月と地球の距離はいつも同じではなく、近づいたり離れたりしています。
距離が変わると見た目の大きさも変わります。月と地球の距離が遠いときは月が小さく見え、近いときは月が大きく見えます。
最も小さいときと最も大きいときの月の大きさは、なんと約14%も違うのです!!!

と言っても、目で見て、14%の大きさの違いを感じることのできる人はあまりいないと思います。
前回、月が一番遠かった日は、2018年7月28日でした。もし、去年の7月の満月の大きさを正確に覚えている方がいましたら、「今日の月は大きいな」なんて言えるかもしれませんね。
ちなみに、低い空にある月が大きく見えるのは眼の錯覚のため、お気をつけください。


2つ目の月のイベントは、16日の「月が高くなる日」です。

月も太陽と同じで、高くなったり低くなったりします。
太陽が一番高くなるのは、夏至の日です。そして、月が一番高くなるのが、今年は2月16日です。

かわいそうなことに、月が一番高くなる日には特に名前が付いていないんです。
せめてみなさんだけでも、「今日の月は高いな」と感じてあげてください。

投映スタッフ おだoda.png


2月ブログ用

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

宇宙劇場まつり ご参加ありがとうございました!

こんにちは。
投映スタッフのいまいです。
1月19日(土)、20日(日)の2日間、宇宙劇場まつりを開催しました!!

とっても盛り上がった宇宙劇場まつり☆
どうぞ写真でお楽しみください♪
IMGP3679.jpg

まずは、当館の名誉館長若田光一宇宙飛行士からのメッセージ。
この宇宙劇場まつりのために、特別にメッセージをいただきました!
IMGP3674.jpg


ベビー&キッズ劇場。
小さなお子さんがとても楽しんでくれました!
IMGP3307.jpg

他にも…
プラネタリウムワークショップ「宇宙であそぼう」では、土星の輪くぐりをしたり、月面を歩いたり・・・。
IMG_2646.jpg

IMG_2636.jpg


抽選で10名のお子さんたちに、解説員の体験もしていただきました。
みんなとても上手でした!
IMG_1338.jpg


宇宙食堂の皆さんによるプラネタリウム演劇「宇宙桜が咲く頃」、
岡田眞善さんと須賀由美子さんのプラネタリウム音楽劇「あるパイロットの見たものは」、
スギタヒロシさんのお笑いプラネタリウム「爆笑!銀河☆☆ーズショー」などなど、
とても盛りだくさんのプラネタリウムでした!
IMG_E1669.jpg

IMG_2558.jpg

IMGP4015.jpg


5階では、宇宙飛行士体験や、マーケット、ワークショップにご参加いただきました。
プラネタリウムと合わせて、皆さんに楽しんでいただきました。

IMG_1457.jpg

IMG_1387.jpg

IMG_2650.jpg

IMG_1385.jpg


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

宇宙劇場まつりは、来年も開催予定です。
残念ながら今回は参加できなかった…という方は、来年度お待ちしております!


投映スタッフ いまい
imai.png

宇宙劇場まつり開催中!

こんにちは。
さいたま市宇宙劇場 投映スタッフの今井です。

今日1月19日(土)と、明日20日(日)に、宇宙劇場まつりを開催!!

1月20日は、宇宙劇場の名誉館長でもある若田光一宇宙飛行士が、
1996年の初フライトで地球に帰還した日です。
これを記念し、宇宙級の感謝を込めたお祭りを、今日と明日、2日に渡って開催します!


uchu-gekijo-matsuri01.jpg
uchu-gekijo-matsuri02.jpg


プラネタリウムのイベントや宇宙飛行士体験コーナー、楽しいワークショップ、すてきなマーケット等、
盛りだくさんの内容となっております。
皆様のご来場をお待ちしております!

投映スタッフ いまい
imai.png

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!
宇宙劇場は本日より開館です。
今年もみなさまに宇宙を感じていただけるよう、スタッフ全員で宇宙の魅力をお届けいたします。
どうぞよろしくお願いします!

さてさて、年明けすぐに見逃せない天文現象がありますよ
1月6日、「部分日食」です!

漢字で書くと、(太陽)がべられてしまう現象
ですが、実際に太陽が食べられてしまうわけではありませんのでご安心ください!

月が太陽の前を横切るために、月によって太陽が隠されるため、
地球から見ると太陽が欠けて見えるのです。

6日は、一部が欠けて見える「部分」日食を観察することができます!
最も欠けて見えるのは10時6分ごろです。
ぜひ観察してみてくださいね

ですが、太陽はとっても強い光と熱を出している天体です。
肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます・・・。
安全な方法で観察しなければ、最悪の場合失明する危険性があります。
日食グラスなど専用の観察器具を正しく使うなど、安全な方法で日食を観察してください。

20190105_1.jpg
※スタッフの練習中

日食グラスなんて持ってないよ~!という方は、
厚紙に小さな穴を開けて、地面に映してみるのも面白いですよ★
丸い太陽の形が、部分日食時には欠けて見えるのです!

私はいのししの形を作ってみました~。
明日どんな風に欠けるのか楽しみです!みなさんも好きな形に穴をあけてみてくださいね。
20190105_2.jpg

今日は青空の素敵ないい天気ですね
明日も晴れますように!


投映スタッフ いわさきiwasaki.png
プロフィール

ucyugekijo

Author:ucyugekijo
さいたま市宇宙劇場のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
http://www.ucyugekijo.jp/
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR