FC2ブログ

今月の星空(2020年9月)

こんにちは!
さいたま市宇宙劇場 解説員のおおたけです☆

あつーい8月も終わり、いよいよ9月!
9月といえば秋!(きっとまだまだ暑いけど…)
そして秋といえば…コスモスに紅葉狩り!秋刀魚!お芋に栗にぶどうに……惑星!!

さぁ、今月の星空のご紹介です。笑
突然の惑星に驚いた皆さん、今月は3つの惑星がお月様に接近して
とっても綺麗なんですよ!
その惑星というのが、火星・木星・土星です!!
どの惑星も、お月様に負けないくらい存在感たっぷりに輝いているので、ぜひ観察をしてみてください(*≧∪≦)

その中でも火星は、10月6日(火)に地球に最接近をします。
今の時点でもとても明るく輝いていますが、10月6日が近づけば近づくほど
火星もどんどん明るくなるので、明るさの違いを楽しんでみてくださいね。
火星についてもっと詳しく知りたい方は、来月の星空情報をお楽しみに☆ミ

2020年9月チラシ

…今月は惑星以外に、特に注目していただきたい星空情報がないので、
ここで、宇宙劇場のイベントのお知らせをします。笑
皆さん、少しだけお付き合いください!

今月はいよいよ、私たち宇宙劇場の解説員4名で投映をする「ゆるっとナイト」を開催します!
6月にも開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により開催ができなかったため
9月が初めての試みとなります。

ゆるっとナイト 広報用画像1

今回のテーマは「月」。
それぞれの解説員が、それぞれの視点で 月についてお話をしていくので
興味がある方は(興味がなくても!笑) ぜひ!!

普段はなかなか見る事のできない、解説員同士のやり取りや
少しマニアックなお話をぜひお楽しみください!
あなたの知らない月のお話が聞けるかもしれません(*゚ロ゚)

以上!今月の星空情報と宣伝でした♪


投映スタッフ おおたけ ショート大武

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

さいたまで宇宙を見つけよう!

こんにちは。投映スタッフのおだです。

あっという間に8月も終わりになってしまいましたね。
今年はイベントも旅行もなかなかできず、なんとなく過ぎていった印象です。

さいたま市宇宙劇場では今年の夏は「さいたまで宇宙をみつけよう!」という企画展示を予定していました。
みなさんに身近で「宇宙」を感じるものをみつけてもらおう!という企画でした。

しかし、昨今の状況を鑑みて残念ながら中止とさせていただきました。

そこで、私が宇宙劇場のそばでみつけた「宇宙」を1つ紹介します!こちら!

IMG-3184.jpg

星型の花、キキョウです!
といっても、この夏の暑さにちょっとくたびれた形をしていますが。

星マークはとても描きやすいですし、特徴的な形をしているので、いろいろなところで目にします。
星マークが入ったグッズは多いですよね。

ちなみに宇宙劇場スタッフはみんな星が好きなので、気が付くと星マークを作っていることがよくあります。
プラネタリウム解説員あるあるでしょうか?
IMG-3360.jpgIMG-3359.jpg
※2018年12月の写真です。

ところで、実際の星は丸い形をしており、夜空に見える星も丸い点です。
「全然星マークじゃないじゃん!」と思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

実は星マークはちゃんと星の形を表しているんです。

眼鏡やコンタクトをしている人は外して、普段から裸眼の人はできるだけぼんやりと、遠くの街灯を眺めてみてください。
こんな形に見えませんか?
IMG-3361.jpg3341033_m.jpg

同じように明るい星を見てみると、星の周りにもぎざぎざとしたものが見えてくるはずです。
この形は私たちの目についている筋によって星の光が回折する(光の道筋か変わる)ことで見えます。

この形から星マークは生まれたんです。

「でもでも、やっぱり☆には見えない!」と思ったあなた。
そうですね。私も☆には見えません。

古代エジプトの人は星のギザギザから海にいるヒトデを連想したそうです。
そこから星マークが生まれたのだとか。星マークならぬ、ヒトデマークですね。

私たちは星好きといいつつ、ヒトデが好きだったのかもしれません。

投映スタッフ おだoda.png

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

今月の星空(2020年8月)

みなさん、こんにちは!
最近天気が良くないので、星不足ないわさきです
少しの晴れ間でも星が見えるかもしれないとソワソワし始めてしまいます。
満天の星を見に行きたいですね。

そんな願いを叶えてくれるかもしれない。。。
8月はお願いチャンスです!

①ペルセウス座流星群
②伝統的七夕

なんと2回もお願いをするタイミングがあります。

まずは、①ペルセウス座流星群
毎年8月12日前後はたくさんの流星を見ることができます。

流星は、神様が地上の様子を見るために天の扉を開けた時の光だと思われていたので、
その瞬間にお願いすると叶うと言われていました。
科学の進歩により流星の原理は解明されましたが、流星に願いをかける風習だけは残ったようです。

私もお願い事を早口で言いたいと思います。。
肉、肉、肉。(笑)

流星は一瞬ですので、2文字ぐらいがおススメですよ。


続いて②伝統的七夕です
あれ?七夕って7月7日じゃないの?8月にも七夕?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は、今の暦と昔の暦は異なります。
昔の暦で7月7日というのは、今の暦でも7月7日になるわけではありません。
今のカレンダーに計算し直すと、毎年日付が変わります。
昔の七夕の日を「伝統的七夕」と呼び、今年は8月25日です。

七夕の日にお願い事をするようになったのは、中国の行事が由来です。
7月7日に織姫にあやかってはた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。
今では、はた織りだけでなく、芸事や書道などの上達も願うようになりました。

8月25日の夜は織姫と彦星にお願いしてみてはいかがでしょうか。

みなさんの願い事が叶いますように★

2020年8月星図2




投映スタッフ いわさき iwasaki.png

今月の星空(2020年7月)

こんにちは。プラネタリウム解説員のささきです。

今年も七夕の季節を迎えました。
今年は七夕の夜に織姫と彦星を見ることができるでしょうか?

ここで過去のデータを使って調べてみましょう。

過去30年分の天気の情報を今の私たちは簡単に調べることができます。

残念ながらさいたま市での情報はないのですが、埼玉県(熊谷)と東京都(千代田区)でのこれまでの記録によると、曇りか雨である確率がおよそ70%~80%となっています。
また、天気を表す時の『晴れ』は雲の量によって決まるのですが、空全体に対して8割雲が出ていても、『晴れ』なのだそうです。
ということは、織姫星と彦星を実際に七夕当日に見るのはちょっと難しいかもしれない、ということがわかりますね。

しかし、織姫星と彦星は七夕の日にしか輝かない、という星ではありません。
七夕のある7月中はもちろんのこと、見える時間帯まで頑張れば、2月から12月まで見ることができます。

とはいえ、今はちょうど見やすい時間帯・位置にいます。
今の時期は20時頃に空を見ると探しやすいのではないでしょうか。

さて、そんな織姫星と彦星ですが、もう一日、ぜひこの二つの星に注目して頂きたい日があります。
それは日本で伝統的に七夕を祝っていた日です。
実は今の私たちの暦の7月7日と、昔の日本で使われていた暦の7月7日とでは結構日付に差があるのです。
しかも、毎年伝統的七夕の日は変わっていってしまいます。

今では伝統的七夕という言い表し方をするのですが、2020年は8月25日が伝統的七夕の日です。
8月25日20時頃、さいたま市では織姫星はちょうど頭の真上で輝きます。

8月25日の晴天率は、埼玉県(熊谷)でおよそ50%と、7月7日よりは期待できそうです。

7月7日、晴れることを祈りつつ、皆さんあきらめずに今月から織姫星と彦星の姿を夜空に探してみてください。

7月チラシ用_アートボード 1

投映スタッフ ささき ささき

2020年6月21日は部分日食です!

みなさん、こんにちは!
さいたま市宇宙劇場 投映スタッフのおおたけです。

今日は…もうすぐ訪れる『部分日食』について宇宙劇場のコンテンツをご紹介します!

今月21日は、部分日食があります。
臨時休館に、宇宙劇場の解説員で始めたYoutubu配信「ゆるっとプラネタリウム」でも、
部分日食についてご紹介をしています!
部分日食とは?部分日食を安全に観察するには?といった疑問にもお答えしているので、
そちらも合わせてご覧ください♪


そしてそして…!
お家で部分日食を楽しもう!をテーマに、お子様・ご家族向けの動画も作ってみました☆
またまた宇宙劇場の解説員が、それぞれの役になりきって
分かりやすく解説をしているので、こちらもぜひご家族でお楽しみください!


次の日食は10年後ですので、今回晴れることを祈りましょう♪

投映スタッフ おおたけotake.png
プロフィール

ucyugekijo

Author:ucyugekijo
さいたま市宇宙劇場のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
http://www.ucyugekijo.jp/
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR