fc2ブログ

今月の星空(2023年7月)

みなさん こんにちは!
投映スタッフのおおたけです☆

7月といえば…七夕!七夕に欠かせないのは”笹”ですよね。
童謡・たなばたさまの中にも『笹の葉 さらさら~♪』なんて歌詞があります。
では、なぜ七夕には笹なのか!? 気になったおおたけは調べてみました。
検索した結果がこちら…↓

 七夕飾りの風習が始まるずっと前から、笹や竹は神聖なものとされていた。
 笹が風にそよぐ葉の音は、神を招くといわれ、精霊や神様が宿る場所と考えられていました。
 また、竹は天に向かってまっすぐ伸び、その生命力溢れる姿や、葉っぱに強い抗菌効果があることから、
 厄払いの力がある特別な植物とされていました。


とのこと!
調べていくと、なんと笹だけでなく、竹のお話まで出てきてしまいました。
でも確かに、七夕飾りをするのに竹を使っている場所も多いですよね。

学生時代、弓道に打ち込んでいた私は、弓が竹から作られている事もあり
【文化財における竹の有効活用の方法】なんてことを研究していました。
卒業して数年…改めて竹についても検索する機会がくるとは…なんて、勝手に感慨深くなっていました。
笹や竹にも様々な種類があるので、今年の七夕は”たなばた飾り”だけでなく、それを飾る笹や竹にも、ぜひ注目をしてみてくださいね。

2023.7


投映スタッフ おおたけ ショート大武

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

今月の星空(2023年6月)

こんにちは!投映スタッフの小田です。

最近、
「西の空にビカーーーっと明るく輝いているあの星はなに?」
なんて聞かれることがあります。

それは、「金星」です。
宵(日が暮れた後)に明るく見える星なので、「宵の明星(よいのみょうじょう)」なんて呼ばれ方もしています。

確かにビカーーーっと輝いていて、気になりますね。
明るすぎて、太陽が沈んですぐ、まだまだ空が明るいうちから、1番星としてみることができます。

どれくらい明るいかというと、春の星座を作る星の中で一番明るい星「うしかい座のアークトゥルス」の40倍くらい明るいんです!
明るすぎて、アークトゥルスが暗く見えてしまいますが、アークトゥルスも十分明るい星なんですよ…

「40倍ってどのくらい?」って思った方は、実際の夜空で、アークトゥルスと金星を探してみてください!
どちらも夜空の中で明るい星なので、簡単に見つけることができますよ。

探し方は、、、
夜8時頃に空を見て、西の空で一番明るい星が「金星」、南の空で一番明るい星が「アークトゥルス」です。簡単!!

2023-6

投映スタッフ おだoda.png

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

今月の星空(2023年4月)

みなさん、こんにちは!
投映スタッフのおおたけです☆

気がつけば4月!
さいたま市宇宙劇場は約1ヵ月半のプラネタリウム休止期間を経て、4月1日(土)から遂に再開館となりました!
皆さん心待ちにしてくれていましたか?
4月下旬まではまだ少しお休みをいただく日が多いですが
皆さんにお楽しみいただけるよう宇宙劇場のスタッフ一同頑張っていますので、完全復活まで待っていてくださいね~!!

さて、4月の星空情報のお届けです。
4月23日に「4月こと座流星群」が見頃を迎えます。
ピーク時の流れ星の数は1時間に10個程度と、あまり多くはありませんが
1945年には1時間に90個の流れ星が数えられた記録もあり、大注目の流星群です。
突発的に多くの流星が発生する可能性もあるので、観察してみてくださいね。

2023年4月星図

今年は桜が咲くのが早くて、4月にはもう見頃を終えてしまっていそうです…
【桜×星】のコラボレーションが見れないのはちょっと残念です。
とはいえ、春はまだまだこれから。植物が生き生きとしている春をお楽しみくださいね。

投映スタッフ おおたけショート大武

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

今月の星空(2023年2月)

みなさん、こんにちは!
投映スタッフのおおたけです☆

2月の星空情報のお届けです。
2月におすすめしたい天文現象は…彗星の地球接近!
彗星の名前は【ズィーティーエフ彗星】 ちょっと言いにくい名前ですが…。
この彗星は、約1年前の2022年3月2日に発見されたばかりで、双眼鏡を使ってみることができます。

2月2日ごろに地球と最接近し、その後、 6日ごろにぎょしゃ座のカペラ
11日ごろに火星、15日ごろにおうし座のアルデバランと、日によって輝く位置が変わります。
毎日位置が変わるので、彗星はなかなか見つけるのが難しいとされているのですが、
今回は明るい天体に次々に接近するため 比較的位置の検討がしやすく見つけやすいです。
とはいっても、やはり双眼鏡や望遠鏡を使うと、視界が狭まる分、見つけるのはなかなか困難です…。

2月はまだまだ寒い時期。
寒さ対策をしっかりして、ぜひ【ズィーティーエフ彗星】探しに挑戦してみてくださいね♪

2023-2


投映スタッフ おおたけショート大武

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

今月の星空(2023年1月)

みなさま、新年あけましておめでとうございます!
解説員のささきです♪

初日の出、皆さんはご覧になりましたか?
新年を迎えると、「新年初めて」や「新年の予定」が気になりますよね。

今回は天文にまつわる新年一度目や、2023年ならでは、を集めてみました!

初日の出    1月1日(日) 6:51
最初の月の出 1月1日(日)12:37
最初の満月   1月7日(土)

見慣れたお月様や星空も、今年初だと思うと、なんだか特別に感じませんか?
そして、2023年もおすすめの天文現象はたくさんありますが、その中からおすすめをいくつかご紹介します。

・しぶんぎ座流星群 1月4日(水) 
 今年最初の流星群です。午前1時頃がおすすめ!
・部分日食      4月20日(木)
 残念ながらさいたま市からは見る事ができません。
 近い地域では房総半島の先端の方や、伊豆半島の南側以南では少しだけ欠ける太陽を見る事ができるかもしれません!
 おうし座生まれの私にとっては良い誕生日プレゼントになりそうです!

ちなみに、さいたま市宇宙劇場の今年最初の投映は、『 1月 5日(木) 10:30~』です。
皆様のお越しをお待ちしております。

本年がみなさまにとって素敵な一年になりますように!

2022-12.jpg

投映スタッフ ささきoda.png
プロフィール

ucyugekijo

Author:ucyugekijo
さいたま市宇宙劇場のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
http://www.ucyugekijo.jp/
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR