FC2ブログ

2019.8.10(土)イベント投映 爆笑!銀河☆☆ーズショー

皆さんこんにちは! 佐々木です。

夏休み期間、皆さんはどのように過ごされましたか?

さいたま市宇宙劇場ではお笑い芸人スギタヒロシさんと、エイリアンのタモツによる、笑って学べる銀河☆☆―ズショーを開催しました!
gingazu2.jpg

昼と夜の二回イベント投映を行いまして、多くの方にお越しいただきました。
ご来場いただきました皆さんありがとうございました。
gingazu3.jpg


笑って学べる、というだけあり、まじめな星座や宇宙についてのお話あり、笑いありととっても楽しくてあっという間のイベント投映でした。
gingazu4.jpg

タモツグッズも皆さんに大好評で、さいたまで、世界で、みんながタモツグッズを身に着けてくれる日が来ればいいなと思いました。
IMG_2223.jpg

今後も皆さんが楽しく学べるイベントをさいたま市宇宙劇場では企画していきます。
皆さんのまたのお越しをお待ちしております!

投映スタッフ ささき ささき

今月の星空(2019年9月)

こんにちは! 佐々木です。
最近、少しは暑さも和らいだし、外に出ようかな、と思ったあなた!
9月といえば、太陽や月にまつわるイベントが目白押しなんです。

9月といえば、まず思い出すのがお月見ではないでしょうか。
お月見というのは、中秋の名月の日にお月様を眺めることをさします。
中秋の名月といわれて、皆さんはどんなお月様が思い浮かぶでしょうか?
細く輝く三日月でしょうか? それとも大きい、まんまるのお月様でしょうか?

中秋の名月のころに見ることができるお月様は、ほとんどまんまるの姿をしています。
ですが、ほとんどまんまるであって、満月ではないんです。
今年、2019年の場合は、中秋の名月とされるのは9月13日で、満月は9月14日です。

本当かどうか、どうしてなのか、気になりませんか?

さいたま市宇宙劇場では、9月13日「中秋の名月」の当日に星をみる会を開催します。
ご都合が合えば、ぜひお越しください。一緒に確かめてみましょう!

さいたま市宇宙劇場 星を見る会

また、9月23日には、秋分を迎えます。
秋分というのは、昼と夜の長さがほぼ同じになる日のこと。

こんなに暑いのに、実は昼の時間はどんどんと短くなっていたんです。
ちなみに、昼の時間が一番長いのは夏至の頃、6月でした。

なんだか体感と比べると意外ではないでしょうか?
本当かどうか、不思議に思ったら、ぜひ時計を持って空を眺めてみてください。

そして、さいたま市宇宙劇場では9月に太陽観望会も開催しますよ!
9月中の毎週日曜日を予定しています。
当日の天候によっては中止となる可能性もありますので、ウェブサイトや、ツイッターなども併せてご確認下さい。
皆さんのお越しをお待ちしております。

さいたま市宇宙劇場 太陽を見る会

9月チラシ用


以上、きれいな月も楽しみだけど、美味しいお団子も楽しみなスタッフよりお届けしました。

投映スタッフ ささきささき

2019.08.14(水) 宇宙劇場ワークショップ 『銀河鉄道の夜・オリジナル缶バッジをつくろう!』

皆さんこんにちは!
イラスト制作を担当しているスタッフのにしむらです。

8月14日の『映像の時間・銀河鉄道の夜』の番組をご覧いただいた後のお客様限定で、
オリジナル缶バッジを作るワークショップを開催しました!
多くのお客様にご体験いただきましたよ。

IMG_2240.jpg

『銀河鉄道の夜』の作中に登場する星座のスタンプで簡単に自分だけの可愛い缶バッジが出来上がります。

IMG_2239.jpg
IMG_2242.jpg

皆さん思い思いに自由に作っていただき、同じものはひとつとしてありません。
さそりだけで作ったり、名前や日付を入れたり!

IMG_2245.jpg
IMG_2243.jpg

今度さいたま市宇宙劇場にお越しの際は、作った缶バッチをぜひつけて来てくださいね。

今後もさいたま市宇宙劇場では様々なワークショップを企画していく予定です。
今回ご都合の合わなかった方もぜひ、ウエブサイトをチェックいただき、次回お越しくださいませ!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!


投映スタッフ にしむらnishimura.png

2019.8.3(土) 特別講演投映 史上初!視力300万で挑んだブラックホール撮影

みなさん こんにちは!
投映スタッフのおおたけです☆

先日、さいたま市宇宙劇場では
国立天文台アルマプロジェクト 特任教授の永井洋さんをお招きし、
「特別講演投映 史上初!視力300万で挑んだブラックホール撮影」を開催しました。
2019.8.3 ブラックホール講演会 タイトル

「初級編」・「マニアック編」と、2つのバージョンをお送りしましたが
皆さんお楽しみいただけましたでしょうか?
皆さんの感想や様子を見て、ブラックホールへの関心度が伺い知れました!
2019.8.3 ブラックホール講演会 お客さん

当日は、当館の投映スタッフいわさきが
ブラックホール講演会にあやかって、ドーナツを永井さんにお渡ししていました。笑
2019.8.3 ブラックホール講演会 ドーナツ
(※写真は、サインに悩む永井さんです。笑)

身近にあるブラックホール、皆さんも見つけてみてくださいね!


次回の講演会は、
10月6日(日) 「出張トワイライトサロン 天文台長 土佐誠の宇宙が身近になる話」 です!
台長チラシ
詳細は、宇宙劇場のウェブをご覧ください♪
皆様のご来場、お待ちしております!


投映スタッフ おおたけショート大武

テーマ : 学ぶ・知る・他
ジャンル : ブログ

アポロ50周年記念イベント投映&第2回お絵かきコンテスト受賞者発表

こんにちは。投映スタッフのおだです。

8月4日(日)に、アポロ月面着陸50周年記念イベントとして、『APOLLO11:FIRST STEPS』を1回限定で投映しました!

20190804_月コンテスト

当時の写真や音声を使用していて、まさにその場で着陸の瞬間を見ているかのような、手に汗握る緊張感あふれる番組でした!

同時に、5月末から募集していました『第2回お絵かきコンテスト もし月に行ったら何をしたい?』の受賞者発表を行いました。

20190804_月発表

このコンテストは、50年前多くの人々が「人類を月に送りたい!」と考え人類初の月面着陸が達成できたように、今たくさんの人が「月に行きたい」「月にいけたら○○」をしたい!と考えることで、私たちも月に行ける未来が近づくのでは?という想いから開催しました。

現在宇宙劇場では、受賞作品他、たくさんの方々に描いていただいた絵を飾っているのでぜひ見に来てください!
みなさんも確かに月に行ってみたいなと思うような作品がきっとあると思います!

ちなみに、受賞作品は以下の作品たちです。
※タイトルをクリックすると、絵が見れます!

『娘と2人で地球をながめたい』・・・地球から月を眺めるように、月から地球を眺めたら、いろんな想いが浮かんできそうですね。

『上をみたい』・・・大気がほとんどない月では、ただ上を見るだけでも地球とは比べ物にならないきれいな星空が見えそうです!

『ちきゅうのえをかきたい』・・・地球を外から見る経験は月ならでは。すてきな絵になりそうですね。

『むじゅうりょくでさっかーをしたい』・・・無重力でサッカーをする!という遊びはやりたい人がとてもたくさん居そう!

『自分の旗を立てたい!』・・・自分の旗が立てられたら、地球から月を見たときにうれしくなりそうです!

『うかんでみたい』・・・上から見た立体的な絵が素敵ですね!浮かんでいる様子が目に浮かびました!

『うさぎとうさぎ鉄道を作って、うさぎとうさぎ鉄道を動かしたい!!』・・・鉄道会社とうさぎの素敵なコラボ!どこかの鉄道会社さん是非実現してください!

『地球にいるお父さんお母さんに「オーイ!」と手をふる』・・・一緒にオーイと手を振ったら、遠いけどつながっている気がしますね!

『月をばくはさせたい』・・・ちょっと怖いけど、大迫力の絵をありがとうございました!

『結婚式』・・・これは素敵!もしこんなプランがあったら、私も検討しちゃいます!

受賞されたみなさん、おめでとうございます!ささやかなプレゼントを用意しているので、ぜひ取りに来てください。
発表当日、早速取りに来てくれた方もいましたよ!

20190804_月プレ


投映スタッフ おだoda.png
プロフィール

ucyugekijo

Author:ucyugekijo
さいたま市宇宙劇場のスタッフです。
本家WEBサイトのアドレスはこちらです。
http://www.ucyugekijo.jp/
天文情報や天体画像、プラネタリウムなどのイベント情報満載です。ぜひご覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR